初心者におすすめの家庭用脱毛器

面倒なムダ毛の処理どうしてますか?
脱毛サロンに行きたいと思っても、お金もかかるし、
行くのも面倒だし…と感じる人も多いと思います。
今、美容家電は、かなり良いものがたくさん出ています。
脱毛器も、手頃な値段で購入できる時代です。
その中で使い方も簡単で、初心者にも安全な脱毛器を紹介しましょう。
ke12
紹介するのは、初心者におすすめの毛を抜くタイプの脱毛器です。
脱毛器には、シェーバータイプの毛をカットするもの。
毛を抜くタイプのもの、そして、光などで毛を照射するタイプのものなどがあります。
なぜ、ここで毛を抜くタイプの脱毛器をおすすめするかというと、
シェーバータイプは、毛をカットするので、仕上がりがあまりキレイとは言えません。
そして、光で照射するタイプのものは、毛根を照射するので、
使い方を誤るとやけどなどしてしまう事もあります。
そこで、自宅での脱毛初心者には毛を抜くタイプの脱毛がおすすめなのです。

この毛を抜くタイプの脱毛器は、とても便利です。
簡単に気付いた時に使う事ができます。
毛根から毛を引き抜くのでカミソリやシェーバーに比べ、
とてもキレイな仕上がりになります。
また、ローラー型になっている脱毛器がほとんどなので、
いっぺんに、何本も引き抜く事が出来るのもメリットの1つです。

とても便利な脱毛器ですが、デメリットもいくつかあります。
まずは、痛みだと思います。
毛根から毛を抜くので、人によって差はありますが、
かなり痛みを感じる人もいるようです。
また、毛根から引き抜くので照射ほどでないにしろ、
肌への刺激が強く、脱毛後、肌が赤くなってしまう事があります。
また、引っ張る事で、埋没毛になってしまう事もあります。

とはいっても、他の脱毛器に比べると安全性は高く、
トラブルも比較的、少ないと言えます。
もしも、肌トラブルが気になるようであれば、
脱毛する前に、お風呂や蒸しタオルなどで毛穴をしっかり開き、
脱毛後は、肌の保湿をきちんとする事をおすすめします。
肌ケアをする事で、トラブルの多くは防ぐ事が出来ます。

脱毛サロンでの脱毛も良いかもしれませんが、
自宅で好きな時にリラックスして、リーズナブルにできるので、
自宅での脱毛器を使用したムダ毛処理もおすすめです。
最近の美容家電は本当に良く出来ているので、ぜひ、試してみて下さい。

 

ですがもしも・・・・本格的に脱毛したのであればこのサイトがおすすめです

自宅でムダ毛処理をするなら!一番お勧めの方法は?

自分でムダ毛を処理する方法には、カミソリや電気シェーバーを使ったり、脱毛テープやクリーム、毛抜きを使う方法などがあります。
この中で、カミソリや電気シェーバーは、ムダ毛を抜くのではなく毛を根本近くから剃る事で処理をする方法です。
また、除毛クリームはムダ毛を溶かす事で処理をする方法になります。そして、毛抜きと脱毛テープは毛を直接的に引き抜く処理方法です。

しかし、剃ったり引き抜いたり、薬品を使ったりというムダ毛の自己処理はどれも肌に大きな負担を掛ける事があります。
ムダ毛を剃るという行為は、皮膚に見えない傷をつけてしまったりムダ毛を引き抜くと皮膚だけではなく埋没毛といって皮膚にムダ毛が埋もれてしまう事もあるのです。
更にこうしたムダ毛の自己処理は、刺激により色素沈着を起こしてしまう可能性も高くなってしまいます。

この中でもっとも肌に負担をかけないムダ毛の自己処理方法は、電気シェーバーを使う事です。
しかし、電気シェーバーのように剃る処理の仕方は直ぐにムダ毛が伸びてきてしまうのが難点でしょう。
また部位によっては、ムダ毛が伸びてくるとチクチクと不快感を感じることもあります。

こうした事が、あまりムダ毛の自己処理がお勧めされない理由となっているんですね。
でも、自宅でも脱毛サロンと同様のケアをする事が可能なのです。それが、自宅でも使える家庭用レーザー(フラッシュ)脱毛器となります。
これは、脱毛サロンやクリニックと同じ原理でムダ毛の処理が出来る家庭用脱毛マシンなのです。
そのため継続して使う事で、徐々にムダ毛が細く薄くなり、自分で抜いたり剃ったりというお手入れが不要になります。

価格は他のアイテムに比べて高くなりますが、脱毛サロンやクリニックで施術を受けるよりも安く自宅で脱毛を行えるのが魅力です。
背中など自分ではお手入れがしにくい場所もあるので、簡単に脱毛サロンやクリニックでの施術と比較することは出来ません。
でも、自宅でムダ毛処理をするならこの方法がもっとも効果的で、そして肌にも負担を掛けない方法なのです。

脱毛サロンやクリニックでの施術ではなく、自宅でムダ毛処理をしたいと考えているなら、初期費用は掛かっても家庭用レーザー(フラッシュ)脱毛器の購入をオススメします。
これなら、脱毛効果以外にもか美肌効果も期待する事が出来ます。
ke11

家庭用光脱毛器が非常に便利ですがやけどには注意

脱毛サロンに通うことを考えたこともありますが、定期的に通い続けて数年かけて脱毛を完了させる手間と面倒を考えて、思い切って高額の家庭用光脱毛器を購入しました。自宅で脱毛することができれば、ちょっとした空き時間にテレビを観ながら音楽を聴きながら、少しずつ好きな部位を処理できます。何よりも人目に晒すのが恥ずかしい胸部やVIOラインも自分で脱毛できるのが魅力的です。昨今の家庭用光脱毛器はとても性能がよくなっています。出力もレベル調整できるようになっていて、最大レベルで照射を行えば業務用のものよりは威力が劣るものの、充分な効果を得ることが可能です。

光脱毛は黒い色に反応をする特殊な光を照射することで、毛根にダメージを蓄積させていき毛の再生機能を低下させる脱毛方法です。処理の際に対象となる黒い部位に高熱が発生するので、基本的に保冷剤などで充分に冷やしてから照射をします。自己処理で気をつけなければならないのは、このときのやけどです。黒いほくろは避けるかコンシーラーや白いシールを貼って隠してから照射をするようにして、処理をする前に冷やし、照射の後もやはりもう一度冷やして熱を溜め込まないようにします。少しでも肌に違和感を覚えたら直ちに照射を中断して、様子を見て皮膚科医に診察を受けるように心がけることが大切です。

怖いのは、やけどというのは時間差で症状が出てくることです。照射した時には問題なくても、半日程度経ってから肌に赤みが出てきたり、高熱を受けた毛穴にポツポツと湿疹が出てくることもあります。やけどの程度が軽ければステロイド剤などを塗って患部を冷やしておけば3日から1週間程度で綺麗に治りますが、大切な肌に少しでも痕が残るようなリスクを避けようと思ったら、自己処理の際は徹底的に冷やすことと出力レベルの調整、いざというときの皮膚科医の診察は意識しておく必要があります。

それさえ気をつければ、家庭用光脱毛器で非常に快適な脱毛ライフを送れます。効果の表れかたは毛の太さや濃さによって異なりますが、ほぼ毎日カミソリを当てていたワキや鼻の下の処理回数は明確に減りましたし、VIOラインは痛みに耐えながらもツルツルになって、下着からはみ出すムダ毛を気にせずにに済むようになりました。
ke6
綺麗になっていく肌が嬉しく、露出の多い服も自信を持って着られるように、脱毛と同時にダイエットにも力が入っているほど満足な効果です。

家庭用脱毛器での脱毛のメリットとデメリット

最近は、家庭用脱毛器もかなり進化してきています。それに合わせて、家庭用脱毛器で脱毛する人が増えてきました。

家庭用脱毛器で脱毛をするメリットは、何と言っても自宅で自分の好きな時に手軽に照射できることです。脱毛サロンに通う手間もありませんし、予約を取る必要もありません。人気の脱毛サロンだと、予約取れにくいことがあります。そうなれば、照射間隔がかなり空いてしまい、脱毛完了までの期間もかなりかかってしまいます。その点、自宅での脱毛なら、丁度いいペースで脱毛していけるので、完了までの期間を短くすることも可能です。

また、費用面においても家庭用脱毛器の方が安く済みます。手頃な価格設定の全身脱毛コースもありますが、それでも脱毛完了までの総合的な費用は結構かかることが多いです。また、忘れがちなのが、サロンに通う交通費などです。脱毛以外の費用が、結構痛い出費となることもあります。その点、家庭用脱毛器なら、最初に購入費用はかかりますが、その後の費用は、電気代やカートリッジ交換代ぐらいで済みます。脱毛完了までにかかる総合的な費用を考えたら、断然家庭用脱毛器の方が安いと言えます。

また、続けやすいというのも大きなメリットです。脱毛は複数回照射することで完了します。全身脱毛ともなれば、もっと回数が増えます。その回数を脱毛サロンに通うのは結構手間です。中には、途中で面倒臭くなって中断しまう人もいるぐらいです。家庭用脱毛器なら、出かける準備の必要はありませんし、脱毛しようと思えば、移動時間なしですぐにできます。その手軽さも魅力となっています。

ただ、その家庭用脱毛器にも、メリットばかりでなくデメリットもあります。それは、自分で照射するので、手が届かない部位があることです。特に背中などは自分で照射するのが難しい部位です。どうしても背中も脱毛したい場合は、誰かに手伝ってもらう必要があります。また照射力についても、脱毛サロンにある大きな脱毛器には勝てません。顔などの細い毛や産毛などを脱毛するには、かなりの照射力が必要となります。家庭用脱毛器は、ある程度目立つ濃い毛にはしっかり威力を発揮しますが、産毛などには弱いといったデメリットがあります。

家庭用脱毛器での脱毛には、メリットも多いですが、デメリットもあることを知っておくことが大切です。それを知った上で自分に合った方法を選ぶことで、スムーズな脱毛へと繋げることができます。
ke3